ワンステップ排卵検査薬クリア

安さと感度の良さで人気の排卵検査薬

  • 「日本製と比べて単純にコスパが良い」
  • 「排卵日が近くなった時に沢山使える」
  • 「精度も良くライン表示もわかりやすい」
  • 「感度が高くLHサージ開始が把握しやすい」
  • 「他の排卵検査薬との併用にも便利」

海外製の排卵検査薬は安くて沢山使えるので利用されている方が増えていますが、その中でも、ドクターズチョイスのワンステップ排卵検査薬が人気です。

では、実際にどの位で売られているのでしょうか?

▼1枚あたり価格(人気順)

  • 【1位】50枚セット → 86円
  • 【2位】20枚セット → 98円
  • 【3位】100枚セット → 79円
  • 【4位】200枚セット → 69円 + 送料無料

TOP MENU

新バージョンの改良ポイント

ワンステップ排卵検査薬は、新バージョンの『ワンステップ排卵検査薬クリア』に変わりました。以前よりも結果表示がわかりやすくなったお陰で、更に使いやすくなっています。

▼バージョンアップで変わった部分

  • 陽性反応が”25mIU/mL → 20mIU/mL”と更に高感度
  • テストラインが薄くても表示されたら陽性
  • 排卵後のLHだと、濃度が高くても陽性にならない

▼感度が”5mIU/mL”のアップ

旧バージョンのワンステップのLH感度は、25mIU/mLでしたが、新バージョンでは、感度が5mIU/mLアップの20mIU/mLに変更されました。

高感度側に改良された事により、いち早くLHサージの開始を知る事も可能となります。

▼テストラインが見やすくなった

アナログの排卵検査薬は、テストラインの表示が薄くてわかりにくい事がありますが、ワンステップ排卵検査薬クリアは、ラインが薄くても表示が確認できたら陽性となっているので、アナログタイプの排卵検査薬特有の紛らわしさがありません。

▼排卵後は陰性と表示できる

もう一つの改良点は、排卵直後でLH濃度がまだ高い状態だとしても、陰性と表示できる機能です。

検査する度にラインが濃くなってきた後、パタリと陰性になったら、排卵が終わった後という事も把握できるという事のようなので、今回は、見送りだとしても次は、もっとタイミングを狙いやすくなる希望が持てますね。

排卵検査薬はどの位の頻度で使えば良い?

排卵検査薬を使用する場合、排卵日が近づいてきたら、1日2回は最低でもLHを測定して濃度の変化を確認するのが良いと言われています。

また、排卵日を中心に考えると、2日以内に卵子と精子が一緒になる事が受精の確率がアップするとされていますが、受精可能時間は、実際には、6時間程度しか無いそうです。

およそ1ヶ月に1度の排卵。しかも、数時間しか受精できるタイミングが無いというのは、とても狭き門です。

そうなると、「タイミングを絶対に間違いたくない!」という気持ちが強くなりがちですが、こんな場合も、ワンステップ排卵検査薬のように安ければ沢山使っても負担が少なければ、一般的な使用頻度や回数など気にせず、どんどん使う事ができるのではないでしょうか。

ドラッグストアで買えるようになった?

薬事法が改正される前までは、薬局やドラッグストアで気軽に排卵検査薬が購入できていたそうです。それが、いつからか店頭で見かけなくなり、いつの間にか対面販売が義務(今は努力義務)となり、簡単に購入できなくなっていました。

「妊娠検査薬は買えるのに排卵検査薬はなぜ買えないの?」

排卵検査薬が対面販売が必要な一方、妊娠検査薬は棚に陳列されていて購入出来たり、ネット通販可能な理由は、一般検査薬に含まれる為です。

一般検査薬(一般用医薬品)とは、簡単に言うなら『お医者さんの指示が無くても一般の人が使って問題ないと判断された検査薬』の事です。

もうかれこれ20年以上前の話です。

その当時、排卵検査薬は、一般用医薬品として認められませんでした。

結局、『一般用医薬品に含まれない検査薬=医療用医薬品(検査薬)』となり、医師の指導が必要となるので通販できなかったという事になります。

なので、ドラッグストアや薬局で陳列棚に並べて販売出来るのは、妊娠検査薬のみとなり、医療用医薬品に含まれる排卵検査薬は、国内では通販できない都合上、置いているかどうかその都度確認しなくてはなりませんでした。

ですが、2016年9月21日に排卵検査薬が一般用医薬品(第一類医薬品)に変更されたそうです。

これに伴い、再びドラッグストアでの販売やネット通販も出来るようになったという事になりますね。なので、日本製が良いという場合は、今後は、手に入れやすくなっていくと思われます。

それでも、海外製のワンステップ排卵検査薬の安さは、変わらず魅力的ですね。

ネット通販なら安く購入できる?

日本でも買いやすくなった排卵検査薬ですが、薬局や日本での通販だと種類が限られるのがネックです。その点、海外からのネット通販(個人輸入)なら、ネット経由での注文が簡単で安く入手できます。

パソコン、スマホで注文が済んで商品を発送して貰えるので助かります。

ただし、個人輸入は全て自己責任。

怪しいショップも多いので、安全か、ちゃんと正規品が送られてくるか、信頼できるショップ選びが大切ですね。

この時、輸入できる量の制限など有るようですが、その点は、特に気にしなくても良さそうです。人それぞれ使い方が異なるので正確な使用枚数というのは、定められていないようです。

沢山使う予定があって一回当たりの検査費用を出来るだけ安くしたいというなら、200枚セットが最安です。

今回が初めてでお試しというのであれば、20枚でも良いかなと思いますが、これでも、日本で買う費用の4分の1程度なので、安いと思います。

人気のある2種類の組み合わせ

ワンステップは、別の排卵検査薬とのセット販売も人気があるようです。

そのセットというのは、ワンステップ排卵検査薬とクリアブルーイージーデジタルの組み合わせ。

普段は、月経周期に合わせて、感度の良いワンステップでLHサージを早い段階でチェック。次第にラインの濃さがはっきりしてきて直前に迫ってきたら、クリアブルーでより正確なLHサージ検知を行う。

この組み合わせなら、排卵日をより正確に特定する事も可能です。

でもなぜ、この組み合わせが定番化?

結果がはっきりわかりやすいクリアブルーイージーデジタルをメインに使う事が出来れば一番良いのですが、正直ちょっと高いという理由から、このように使い分けされているようです。

クリアブルーイージーデジタルは、アメリカやヨーロッパでも人気があり、それだけの品質が備わっている仕方のないこと。それに、最近では、卵子と精子には受精可能時間があるという事で受精のタイミングも結構シビア。

なので、そこまで重要じゃない日、結構重要な日で使い分ける事。

また、感度の違いを使い分ける事で、でコストを抑えて正確なチェックを実現できるようです。

沢山使いたいだけなら、コスパの良いワンステップ排卵検査薬だけあれば済みますが、こうした方法も検討しつつ上手に活用いただければなと思います。